web shop

着る人の未来を想像しながら

たとえば強い火をいつも使われるような環境なら、燃えやすい生地はもちろん、熱変化の出やすいユニフォームでは困ります。また、縫い目がほつれやすいような動きが多ければ、生地や糸、縫製に工夫も必要です。製造からメンテナンスまで手がけていると、ユニフォームがその環境でどう変化していくかが読み取れるようになります。使い込んでも着古した感じになりにくく、まっさらでなくても美しい、そんな理想のユニフォームをめざして。